治療期間と効果

エイジングケアの中でも、縫合ホルモン補充療法は特徴がそれぞれあります。治療期間については、全体的な投与を考えると半年くらいで見ておくことが必要です。ホルモンというのは一気に投与して改善できるということではないため、長期的な目線が必要となります。最初の2~3週間は、身体に活力が出てくる期間だと言えるでしょう。この間に投与するホルモンによっては、疲れにくくなったり、運動能力が増加したりする効果があると言われています。その後、1ヶ月も投与していると肌なども若々しくなってきます。外見が明らかに変わってくるでしょう。そして、半年ほど経過すると、若い時の細胞を取り戻すことも可能です。

その効果については、人によって実感するのが早かったり、遅かったりします。ただ、半年間根気よくホルモンを投与することによって、確実に肌は綺麗になっていくでしょう。エイジングケアは長い目で見ていくことが必要となるので、効果を実感するまでには、時間がかかるということもあります。そこで諦めてしまうのではなく、どれくらい長い目で見られるかという点が重要となるでしょう。長期的な計画を持って、総合ホルモン補充療法を進めていってください。